お金を借りたら返さなー!大阪難波のキャッシングの危険さ

お金を借りたら返さなー!大阪難波のキャッシングの危険さ

大阪難波、映画やドラマでもよく使われている。

 

 

キャッシングは大手に限るけど、消費者金融も今では審査は厳しいね。

 

 

 

昔で言う闇金は法律関係なしの取り立ても成立したいから。

 

『多様性』と言う言葉を聞くようになったのは結構昔からだったと思うのですが、その頃の使われ方はと言うと『生物の多様性』と言った、自然や生態系によく使われる物だったと思います。

 

 

しかしここ数年多様性と言う単語は、特に昨年あたりからはLGBTなど性的マイノリティーや民族などに多く使われるようになってきています。

 

 

 

 

社会には多様性が必要だ、みたいな感じですね。

 

しかし私は、そういった動きと言うのが実の所『多様性を物凄い勢いで毀損している』ように思えてなりません。

 

 

 

社会における多様性と言うのは、その社会において人間に備わったありとあらゆる個性をなるべく尊重するという所でしょう。

 

 

 

そしてその個性と言うのは遺伝的、肉体的、そして性別と言ったものはもちろんの事誰にも侵されえないその人の内心、思想信条の自由までも含まれると見るべきでしょう。

 

 

 

 

その内心の自由の中には当然ながら「外国人嫌い」「LGBTと関わりたくない」と言ったものもあるはずです。

 

 

 

ですが近年マスコミなどが喧伝する多様性には、こういった「嫌い・拒絶の感情」は含まれていないのです。
僅かなりともそういったものを発露するならば「差別主義者」のレッテルを貼られ磔刑か曝し首のように見世物にされるのです。

 

つまり現代の多様性推進主義者は、「自分の信じる正義にのっとった思想信条意外はまるっきり認めない」という多様性の欠片もない考えを持っていると断ぜざるを得ないのです。
まるで歴史の中で何度も繰り返されてきた、国を一つの思想で縛り上げて暴走に向かわせる、多様性を絶対に認めない強権的な支配者そのままの姿ではないでしょうか?

 

この辺は人間が野生動物だった時代から知っていたはずの『縄張りで分ける』という上手い知恵が存在するはずなんですが・・・恐らくは多様性の旗印を掲げる彼らには通じない理屈でしょうね。

 

 

私は子どもの頃は裕福な家庭に育ちましたが、贅沢をすることはダメでお金に関しては母親が管理をしていて、お小遣いが少なかったです。中学生の頃は月に500円というお金で、友達とお付き合いなどをするとすぐになくなっていました。

 

高校生になると月5000円に上がりましたが、その中でやりくりできていた時期は短く、運転免許などを取得する時期になるとお金が足りなくなりました。
大学生になってまずやったのはアルバイトで、お金を稼いで運転免許を取得する代金を捻出したり、服装にかけるお金を捻出したりとしていました。

 

両親に感謝しているのは大学の学費は出してくれたことです。しかしそれ以外は自分のお金でやるようにということで、学生時代にサークルに入って旅行をしたりという友達付き合いなどで常にお金がなかったです。

 

学生の本来の仕事が学業に専念することだと言われ、バイト三昧になることもできませんでしたし、じゃあどうすれば良いのと思いました。お金がかからないように居酒屋さんで飲まずに家で飲んだり、洋服は友達がかなり買っていてお下がりなどもくれたりしていました。

 

デートもしましたが、お金のことを考えて行動していて、たまに切ないな、思いっきりお金を使いたいなと思いました。ただお金がないなりに工夫をしてやっていくこと、我慢をしていくことを覚えましたし、自分の置かれた環境には不満はありませんでした。

 

大学の費用や成人式の着物など出すべきところでは親が出してくれましたし、家に住んでいて食事なども出してもらっていたので、そういう意味ではお金がなくても追い込まれるような感じはなかったです。

 

 

 

 

これで一人暮らしなどをしていたらもっとしんどかっただろうなと思います。

 

 

 

結婚後、独身。たくさんの借金の事情があると思います。

 

 

 

それこそ借金返済とかの話も当然あります。

 

 

 

お金を借りるのはそれなりの覚悟が当然必要です。

 

 

なぜならキャッシングでは金利が上乗せされる。お金がない状態から借金返済は難しい。